借金なら法律事務所で無料相談

法律事務所は、初めての方が足を運ぶには敷居が高すぎる場所というイメージがあります。しかし最近では、着手金無料や弁護士に無料で相談が出来ると謳っている法律事務所もあるので、以前よりはハードルがかなり低くなっているのです。そして、電話や面談など自分に合ったスタイルで気軽に相談できるような風潮が定着しつつあります。借金や最近話題の過払い金請求について調べてみると、相談相手として弁護士とともに認定司法書士が見つかります。弁護士と司法書士では、債務整理の手続きや解決方法が異なるため、どちらを選べばいいのかを判断する必要があります。

法律事務所に勤務する弁護士は、事件やトラブルなどに際して法に基づく的確なアドバイスを与えてくれるとともに代理人として相手方との交渉も行ってくれます。一方、司法書士は、不動産や会社などの登記がメインとなる仕事です。借金問題の場合、弁護士は債務整理の相談、代理人として債権者との交渉、訴訟が可能です。認定司法書士も同様のことができますが、個別の債権額が140万円以下であることと限定されています。

借入先が多く多額の借金を抱えている多重債務者の債務整理においては、債権額の合計が140万円を超えることはよくあることなので、限度額の制限を考慮しないでいい弁護士に相談する方がいいと言えるでしょう。また、司法書士は地方裁判所の管轄する事件の代理人になることができませんが、弁護士は可能であるため、過払い金を回収するために訴訟を起こした場合には、債権者が弁護士費用がかかることを理由に早期に和解に応じる可能性が高いのもメリットです。