法律事務所で過払い金請求

法律事務所の無料相談で借金問題について相談するとほとんどの場合に解決することができます。過払い金請求が盛んにPRされていますが、なぜ債権者である消費者金融業者などは過払い金返還に応じるのでしょうか。平成22年に改正貸し金業法が完全施行される前までは、利息制限法で上限金利が15%~20%に定められていたのにもかからず、出資法による上限の金利である29.2%で金利を設定していたため、何も知らない債務者は高い利息を払い続けさせられていたのです。利息制限法に罰則規定がなかったためであり、大手の消費者金融業者でも当然のようにまかり通っていました。

債権者側が盾としていたみなし弁済が無効であると裁判で判決がくだされたことによって、利息制限法で規定された金利上限を上回る金利が違法であることが一般的に知られるようになりました。しかし、債務者が個人で過払い金の返還を請求しようとしても、取り引き履歴の開示すらしてくれない債権者が少なくなく、請求に応じないことが頻発しています。過払い金請求によって経営が悪化している貸金業者も切羽詰まっているため、知識をもたない素人が太刀打ちできる相手ではありません。法律事務所に相談すると、ケースによっては着手金の手出しもなく、過払い金の請求をすることができることもあるので、一度調べてみるといいでしょう。