特定調停より無料相談がおすすめ

債務整理のひとつの方法である特定調停は、債務者と債権者が借金の返済方法などについて話し合うという点では、任意整理と似ていますが、簡易裁判所の調停委員が間に入って調停手続きを行うことによって話が進むという点に違いがあります。手続きは、申立書などの必要書類を作成して申し立てを行うもので、比較的簡単なので弁護士に依頼しなくてもできます。特定調停の流れとしては、調停委員会が決まって指定された期日に簡易裁判所に出向き、債務者からのみの聞き取りが行われます。借金の状況の確認や返済計画の作成などが主なものとなり、これを経て債権者も出頭して第1回の調停が行われます。債権者から返済計画について合意がとれれば解決となります。

特定調停では、1回の調停だけでは合意に至らないこともあり、2回、3回と回を重ねることもよくあります。合意できれば、調停調書を作成してもらって、返済計画にそって返済を継続していくことで問題が解決します。しかし、最終的に合意に至らない場合は不成立となり、借金問題を解決することができないままとなります。また、特定調停は費用が安いことの魅力がありますが、調停を進めるなかで過払い金があることがわかっても、調停のなかでは請求をすることができません。別途、過払い金請求訴訟を起こすとなると弁護士費用が必要となるため、はじめから弁護士に任意整理を依頼した方がいいという意見もあります。それぞれのケースによって債務整理の仕方は違ってくるため、まずは法律事務所の無料相談を利用してみることをおすすめします。